スキップしてメイン コンテンツに移動

エクストリーム高尾山(その2)


その1(サイト内リンク)から

テクテクと山頂を目指して歩く。すると突然頭の上から、怖い蛇が襲ってくる…といった川口○探検隊のようなイベントもなく、極めて安全な舗装された道中。薬王院といえば飯縄権現(いづなごんげん)なので、天狗やら修験道なテリトリー。



薬王院の参道なので、巨木もこういった趣

30分ほど歩いたところで、薬王院山門前の「もみじや」前まで到達。犬は往路でも復路でもこのポジション。お客さんに背(尾?)を向けて日陰に入っている。少しシャイな犬なんだろうか。
(9:24)日陰に位置する絶妙なポジション(もみじや)
薬王院に至る1号路の道中、山頂に向かって左側は登り、右側が下りという感じで人が流れていたが、変な爺さん2人組が、

「山は右側通行だ。みんな知らないのか!」

みたいにブツブツいいながら登りの流れに逆らって下りてきた。「山は右側通行」というのは全く聞いたことのない新鮮なフレーズだが、あえて人の流れに逆らってブツブツいいながら降りてくる様は傍目に見てどうしようもない年寄だった。後ろの山ガールも、爺さん通り過ぎた後に「何言ってんだこの人?」みたいに言っていたので、一様にヒンシュクをかっている模様。

で、薬王院到着。子供はとても元気だ。「てっぺんでアイスクリーム」パワーは甚大だ。フと考えてみると、これまで見た似たような背丈の子供は空身で荷物を背負ってない子がほとんどだったが、ウチの子は自分の荷物を背負っている。カッパ、着替え、ウィンドブレーカー、飲み物あたりなので、デイパックの重さ含めて1.5kg程だろうか。結構頑張っている方かもしれない。
(9:28)薬王院の銭洗いで小銭を洗う上の子

門前のお店で色々売っているが、売り物ではなくコチラの標識に心打たれる。イイネ。というか、コレのグッズを売ればいいのでは?と余計なお世話な思い付きが出てきた。天狗Tシャツ(てんT)とか、車向けのステッカーとか、そういうのあるのでは?
(9:30)琴線に触れた「天狗注意」の標識
さすが薬王院の中は天狗が多い。天狗総出演。造形が新しいので基本的には近世に入ってからのものなんだろうなと思われる。
(9:41)コテコテな天狗像。蜘蛛の巣張ってる
薬王院の境内~その先は階段が多い。大人でも「ウっ」とくるコンボ。考えてみると3歳児にとって、この階段ってクセものなんだろうなと。大人とは高さの感覚が違うハズだから、1段1段が結構な高さになっているはず。大人と比べて脚も余計に上げないといけないわけだし。

途中でグズった時用にお菓子で「釣る」必要があるかと思って、色々嫁さんに持ってもらっていたが、「てっぺんでアイスクリーム」パワーが強烈すぎて、全くグズらずに黙々と登っていく。なんかスゴく頑張ってる!?
(9:48)薬王院を抜けて階段をガンガン上がっていく

この辺りから、チラホラと

「あるけないー」

とか

「お家かえるー」

といってグズってる子供を見かけるようになる。一緒にいる親御さんやジジババも子供のモチベーションアップに必死だ。しかも、モチベーションコントロールアイテム(お菓子等)を持ってきてない親御さんが多いようで、必死になだめすかしている。やはり、「備えよ常に」は大切な心構えだ。


薬王院から40分ほど歩いて山頂に到着。「やまびこ茶屋」に並んでソフトクリームを買う。「白いアイス」とのご指名だったので、バニラを購入。1個350円。ソフトクリームというよりはアイス的な感じ。子供はえらく時間をかけて食べていた。
(10:16)やまびこ茶屋。喫煙席ありますの誘惑がスゴイ
ソフトクリーム(アイスクリーム?)を食べ終わった後に山頂広場に移動。スゴイ、もう満杯だ。人・人・人。さすがGW、さすが高尾山。もう座れるようなスペースなし。山頂からの眺めを一通り満喫した後、下山。さすがに人も多いし砂ほこりもスゴイので、降りたところ茶店でソバでも食べることに。
(10:45)山頂広場からの丹沢方面の眺め。大山や丹沢山は見えるが蛭ヶ岳は見えず
人も多いし、上の子も初登山ということで欲張らずに1号路で戻る。基本的に下りなので、スイスイと下る。薬王院抜けたところで、「もみじや」の席が空いてそうなのでフラっと入る。ベビーキャリアが大きいので、奥の広い座敷に案内してもらった。店員さんありがとう!

暑かったので、自分も嫁さんも冷やしのソバ。自分がトロロで嫁さんは天狗。ソバは細いのが好きな嫁さんには、ここのソバは不評。まぁ、細いソバが好きな方は、高尾山ではソバ食べずに「なめこ汁」を頂いた方がいいかもしれない。

最初は爆睡していた下の子が、ソバを食べ終わったころに起きてきたので2回目のミルクタイム。
帰宅して気づいたけど、調乳用の水を入れていたナルゲンの500ml広口ボトルをもみじやに忘れてきてた(笑)
(11:17)もみじやの座敷で爆睡中の下の子
もみじやでゆっくりした後、ケーブルカー高尾山駅へ。道中、変わったベビーキャリアの装着を試みている夫婦を発見。なんとベビーキャリアを前(背中ではなく腹側)に付けている。新しいスタイルの模索なのか、求道者なのかわからないけど、背負う為にしか作られてないから色々危ないような気がする。

しばらく歩いてケーブルカー高尾山駅到着。そこで定番のコレ!
(12:31)高尾山の定番、天狗焼。黒豆を潰した餡を使っているらしい
待つこと3分ほど…
天狗焼!!少しカワイイ系が入っていて、魚といっても納得してしまうカタチ
食べ終わった後にケーブルカーの行列に並ぶ。3本目には乗れたので、待ち時間は20分程度。復路も往路と同じ「もみじ号」。帰りは座れなかったので、急こう配で体が斜める減少を体感!車窓から眺める山の新緑もキレイでなかなか楽しめた高尾山。

上の子も結局グズらずに、グズり対策でもってきたお菓子は帰りの電車の中で食べてました!荷物背負ってグズらずに登ってたので、かなり頑張ってたなーと。

帰りの京王線で1時間くらい寝てたけど、家に帰った後は普通に夜まで起きてたので、体力的には少し余裕がありそう。次は御岳山あたりいけそうな気がしてきた!!

子供も

「また山行こうね!」

と言ってるので、わりと楽しんだ様子。もっとも、ほかの山には高尾山のようにソフトクリーム(アイスクリーム?)はなかなかないが…





よく読まれている記事

クロノスキャビン 4型 ゲット

祝スイミング昇級! 8Bクラスになりました!

montbell(モンベル) サーモマグ200 レビュー

ヨツバサイクル 22インチ YOTSUBA Zero 22 購入!

Mammut(マムート)Trion Light 38(トリオンライト38) レビュー

懐かしのフレームザック EVERNEW BackCountry Route46

お散歩にもマザーバッグにもOSPREY DAYLITE(オスプレー デイライト)

Graco atti(グレコ アッティ)

モンベル パックラップ レインコート Kid's + パンタナルブーツ Kid's

Klymit(クライミット) Insulated Static V(インシュレーテッド スタティック V)インプレッション